息子の防具はこだわり満載

剣道は母(私)がやっているので、息子は小さいころから稽古していました。

幼稚園・小学校の頃は上の子のおさがりで上の子もいただいた防具でした。

中学校に入るときに剣道部に入るので一式購入しました。

 

静岡県の文武さんという防具屋さんです。

防具を買うときには「いいものはいい」んですが、

使い方や日々の稽古で使うので高価なものはやめて6万円程度のものを選びました。

防具屋さんの勧めも聞いて決定しました。

 

ここからがこだわりの話です。

母が剣道をやっているので、小手は短めにしてもらい、

垂も痩せてる息子のために少し短めにしました。

また使い勝手も考えて柔らかい素材のもの。軽いものを選びました。

 

剣道は一昔前と見た目では防具はかわっていないように見えます。

面・胴・小手・垂の形も見た目では変わりないような?

それが全く違います。

 

まず防具の軽さは全く一昔とは違います。

一度この軽い防具を使用したら、昔の防具は使えませんし、動けません。

ものすごい進化しています。

 

面も金具の部分は軽く綺麗です。

また面の肩に当たる部分も柔らかいですが、しっかりとしています。

自分好みの形に成形しやすいのもいまどきなんです。

 

胴は竹でできた胴は素晴らしいですが、やはり重い。

学生ならば動くことを考えて軽い胴でも十分だと思います。

また胴台も選べていろいろな色もあて個性が出ています。

息子は黒を選びました。

 

小手の軽さもダンチの差です。

また中には洗える小手もあるそうな?

剣道で嫌われるあの防具のにおい対策には洗えるのはすごいことです。

垂も柔らかく体にフィット感があっていいです。

 

最近の防具屋さんでは防具全体に光触媒であの匂い対策をする防具屋さんもあります。

我が家の息子の防具は母がしっかり管理しますのでそんな必要もなかったですげ、

結構皆様光触媒を選ばれてました。

 

最近の防具の進化すごいです。

母も最近防具袋を慎重しました。

こちらはネットで「共栄武道具店」様から購入しました。

 

今の防具袋もすごい機能が満載です。

まずは3パターンで使える。

肩に掛ける。リュック型で背負う。手提げ型で使う。

その時々や年齢にもあいます。

 

一番の購入の決め手は側面がすべてメッシュでできています。

夏場防具はどうしても臭います。汗で湿ってしまいます。

車に積んでおいてかびが生えたらどうしよう。また汗じみもいやだ。

今の防具袋は側面がメッシュなので乾燥もでき、臭いはしますが、

次の稽古までにはさっぱりした使用感になります。

 

防具進は化しています。

もし息子が剣道をやめたら母が使おうかと考えています。



剣道具職人のいる店 剣道防具工房「源」

京都西陣の剣道防具工房である「源」は、

一流の剣道職人有段者の店長が厳選しつくした600種類以上

剣道具、剣道用品をそろえた業界大手のお店です。

剣道具職人のいる店 剣道防具工房「源」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL