防具を自分で洗濯する方法

剣道の防具のにおい・汚れ。

これは本当に悩みの種ですよね。

いろいろな消臭剤を試してみるも効果はかけた瞬間のみで数日経てば逆戻り。

防具のクリーニングに出すのも費用がかかる。

そこで私が実践してみた防具を自分で洗う方法を紹介したいと思います。

 

 

●防具の臭いの原因

防具の臭いの原因として、皮脂や汗から発生する雑菌が原因です。

毎回稽古後にしっかり拭き取って乾かしていても徐々に蓄積していき、

そこから雑菌が発生してしまうのです。

つまりこの雑菌を抑えることが出きれば臭いは抑えられるということです。

 

 

●消臭スプレーは逆効果?

私も幾度となく様々な消臭スプレーを試してきました。

各メーカーから出ている、衣類用から靴用まで試しましたが、結局臭いは取れませんでした。

 

それもそのはず、消臭スプレーでは雑菌を殺すことはできないので当然と言えば当然です。

「除菌」と書いているものもありますが除菌と殺菌とは違います。

そもそも洗い流すことで除菌するものなのです。

あくまで菌を除くのであって、殺菌するわけではないということです。

 

 

●自分で防具を洗う

消臭スプレーが無効化ということは、あとは自分で洗うしかありません。

そこで意を決してやってみました。手順は以下のように行いました。

 

1、まず大きめのバケツ、もしくは衣装ケースに水を入れ、そこに洗剤を溶かします。

使う洗剤はこの時はアタックneoを使いましたが、

現在防具用の洗剤が出ているようなのでこれを使うといいでしょう。

※漂白剤の入っていないものを選んでください。

 

2、洗剤を溶かした水の中に小手と面を入れます。

そのまま1時間浸け置きします。

 

3、1時間後柔らかめのブラシで軽くたたいていきます。

このとき汚れが浮き出てくるのがわかります。

特に面あご部分や小手の手の内などが顕著です。

 

4、水で軽くすすいだ後、洗濯機にまず面を入れます。

※入らない場合は手洗いするしかないですが・・・。

通常コースで洗います。

 

小手は普通に脱水までしてしまうと、中の綿が寄ってしまうのですすぎまでで止めるようにします。

どうしても早く乾かしたいときは、脱水前に2Lペットボトルを切っ太物の中に小手をいれ脱水にかけます。

 

5、しっかりすすいだ後自然乾燥させます。

 

この一連で驚くほど臭いは取れました。

新品・・・とまではいかないものの、気になる臭いはほぼ撃退することができました。

 

ただし少しは色落ちするのでそこは仕方ないです。

自分で塗る藍染も武道具店のサイトなどで売っているので利用してもいいでしょう。

 

また面の淵が剥げてきている場合には「カシュー」という塗料があり(漆の代用に使われる塗料です)、

それを使ってやると淵も復活するので見た目にもきれいになります。

本来なら防具クリーニングに出すのが一番ですが、費用的に厳しい時はこのような方法を取っています。

 

もし、ご自分でやられる場合にはあくまで自己責任でやることをお勧めします。



剣道具職人のいる店 剣道防具工房「源」

京都西陣の剣道防具工房である「源」は、

一流の剣道職人有段者の店長が厳選しつくした600種類以上

剣道具、剣道用品をそろえた業界大手のお店です。

剣道具職人のいる店 剣道防具工房「源」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL