防具のクリーニング

防具の手入れについては、剣道をされている方なら

ほぼ全員といっても過言ではないほど大きな悩みだと思います。

 

ずっと防具を使っていくとどうしても臭いが気になってきます。

これは剣道をする人にとって死活問題でしょう。

消臭剤を振り掛けてみたり、水拭きしてみたり・・・etc

いろいろ私も試しましたが最後にたどりついたのが防具クリーニングでした。

 

数年前にテレビで紹介されて以降、多くの武道具店で防具クリーニングの受付が増えてきました。

最近では普通のクリーニング店でも扱っているところも出てきているようです。

 

基本的にクリーニングに出すと、およそ2週間~3週間以内に納品してくれます。

クリーニング方法は店舗によって違いますが、

大半はマイクロバブル等の機械を使って汚れ落としてくれます。

特殊な洗剤とマイクロバブルを使って洗浄することで、

面の内側や小手に入り込んだ皮脂や汗を浮かして洗浄していきます。

 

一度自宅で試みたことがあるのですが、やはり専門業者のようにきれいにはなりませんでした。

やはり餅は餅屋といったところでしょうか。

 

防具がきれいになって臭いも消えて返ってくるとなるとぜひやりたくなりますよね?

そこで一番気になるのが値段です。

有名になりだした当初はそれなりに高額だったのですが、

最近では防具ごとに価格が決められておりリーズナブルにクリーニングに出せます。

大体の費用の相場は以下のようになります。

 

●面 2000円~5000円

●小手 2000円~5000円

●垂れ 2000円~5000円

 

全てセットで出すと割引をしてくれる業者もあります。

また武道具店等で代理店として受け付けている場合送料として1000円~1500円必要になる場合もあります。

調べてみると、「武蔵坊 剣洗」というところが1800円~ととても安いです。

 

クリーニングに出して不安なのが色落ちですが、クリーニング業者を見てみると、

染め直しをしてくれるところも多いので、文字通り綺麗に、さらに新品のようになって戻ってきます。

藍染はもちろん面の淵の部分までしっかり塗ってもらえるので

本当に買ったばかりの防具かと思うほどきれいです。

 

自分で洗った経験から言うと、小手を洗って気になったのが、

手の内の皮がゴワゴワになってしまったことがあります。

しかしこれも特殊な洗剤を使っているからなのか、そのまますぐに稽古に使うことができるほどでした。

 

いろいろ自分でも試してきましたが、クリーニングに出すと気持ちも新たに稽古できます。

納期がかかるので少し稽古の空く時期を狙って一年に一回は出すようにしています。

ぜひだまされたと思って出してみてください。

近くの武道具店に聞いてみるのいいかもしれません。



剣道具職人のいる店 剣道防具工房「源」

京都西陣の剣道防具工房である「源」は、

一流の剣道職人有段者の店長が厳選しつくした600種類以上

剣道具、剣道用品をそろえた業界大手のお店です。

剣道具職人のいる店 剣道防具工房「源」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL