剣道の防具をクリーニングに出す

日本では、古来より

自身や周囲の人を危険から守るために

剣術が発展してきたのです。

 

江戸時代には、武士たちが各自の剣術を磨くために

道場に通ってもいたこともあるのです。

しかし、明治時代に入ると武士の帯刀は認められず、

武士という地位自体がゆらいでくることになります。

 

武士たちは、各自の力量に応じて事業を起こしたり、

軍人あるいは警察官になったりして生計をたてることになるのです。

刀を持つことは許されなかったのですが、

剣術自体は剣道として竹刀を使うことにより武道として生き残ることになるのです。

 

軍人も警察官も、仕事上でも必要となるのが身体の頑健さと、

犯人などを捕える時に必要となってくるのが逮捕術です。

 

剣道は、身体とともに心も鍛えることを信条として発展し、

近年では海外でも広く知られるようになった日本独自の武道です。

日本では、学校の授業として取り入れているところも多く、

普及率としては高いものがあります。

 

しかし、今ひとつ困ったことがあるとすれば、臭いによるものです。

剣道は、竹刀と防具を使って行われる武道ですが、

この防具はどうしても身体の防御を目的としているために

その密着率などが汗を大量にかく要因となっています。

この汗こそが細菌の栄養源となっているのです。

結果、ひどい悪臭が発生してしまいます。

 

自分自身の防具であっても、やっぱり悪臭がするのは耐え難いものがあります。

材質上、ホームクリーニングでは難しいものがあるのですが、

最近では、町にあるクリーニング屋さんでも

気軽に引き受けてくれるところが増えてきたのはありがたいことです。

少々値が張るのですが、少なくとも年に一度くらいは

クリーニングに出してあげると長持ちします。



剣道具職人のいる店 剣道防具工房「源」

京都西陣の剣道防具工房である「源」は、

一流の剣道職人有段者の店長が厳選しつくした600種類以上

剣道具、剣道用品をそろえた業界大手のお店です。

剣道具職人のいる店 剣道防具工房「源」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL