剣道の二段

全日本剣道連盟が創設されてから間もなく

段位というものが作られる

初段から5段までの段位を置き

その上に錬士、教士、範士という称号を置くことで段位を作っています。

 

柔道の段位と均衡を保つために剣道の段位は最高で八段とされています。

段位を取得することによりシリアルナンバー全剣連番号というものが渡され、

データーベースに登録となります。

 

剣道は中学校卒業までに一段の過程をとるだけでも

大変難しいものだと言われています

これはあくまで目安ですが、二段の過程まで取れると言う事は

基礎のレベルにおいて名人と言われている段位になります。

 

スポーツの中でも柔道と剣道は唯一

段位というものが存在しており

日本の社会においてスポーツの中では

就職にも大変有利なスポーツになっています。

 

自衛隊や警察官などでも柔道の経験や剣道の経験があるもの

または大会に出場経験のあるものという内容が求められている程です。

 

段位というものは民間資格といわれ武道区分採用にも用いられており

名人クラスともなると評価も高い物とされています。

 

剣道二段は、初段を受けてから一年以上の修行をされているものに限り

受けることが出来る資格であり、

精神や肉体そして剣術においての修行を期間内に行い

丹連をしたもののみが受けることを許される資格になっています。

 

しかし加盟団体の会長が特殊な条件を満たした場合のみ

初段を受けていなくとも二段の段位を受ける事が許される場合があります。

二段で30歳以上となっており年齢で受けることも可能なケースもあるとされています。



剣道具職人のいる店 剣道防具工房「源」

京都西陣の剣道防具工房である「源」は、

一流の剣道職人有段者の店長が厳選しつくした600種類以上

剣道具、剣道用品をそろえた業界大手のお店です。

剣道具職人のいる店 剣道防具工房「源」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL