初段を目指す人が知って得する剣道の歴史

剣道というスポーツは

日本で発達を遂げた独自のものであるといえます。

 

もともと日本には日本刀を戦争などに

使用するということがありましたが、

戦争の無い平和な時代になるとそのような日本刀を

使用するという機会もめっきり少なくなりました。

 

それでも武士などの人間は常日頃からそのような

剣の修行をおこたらないようにするということが

近世においての武士の持つべきこころがまえであるとされました。

 

そのようなこころがまえのために、武士のなかには

日頃から剣の修行などをおこなうものも少なからずいましたが、

そのような剣の修行が剣道のはじまりとなったとされています。

 

このような剣の修行のおいては真剣を使用するということは

過去においても非常に稀なことでした。

なぜなら真剣を使用して剣の修行をするということにより

相手を無意味に傷つけてしまう可能性があるからです。

またそれと同時に相手から傷をつけられるという可能性も否定できません。

 

ですからこうした剣の修行においては当初はおもに

木刀を使用しておこなうということが多かったです。

時が経過をするとこの剣の修行に木刀を使用するということも

怪我をすることが多いということで避けられるようになります。

 

そこで剣の修行のために竹刀が開発されます。

やがてからだを守るために防具をつけて修行をすることになります。

剣道はそうして生まれたのですが、やがて習熟度を示すものとして

段が取り入れられました。

初段から上を目指していくということを剣道をおこなう人は目標にしています。



剣道具職人のいる店 剣道防具工房「源」

京都西陣の剣道防具工房である「源」は、

一流の剣道職人有段者の店長が厳選しつくした600種類以上

剣道具、剣道用品をそろえた業界大手のお店です。

剣道具職人のいる店 剣道防具工房「源」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL