小手の選び方

小手は適当でも良いという人もいますが、

サイズだけはやはりちゃんとしたものを選んでおいた方が良いと言えます。

 

サイズが違っていると、竹刀がうまく握れなかったり、

握力がうまく竹刀に伝わらなかったりしてしまいます。

 

手のひらのサイズの測り方としては、人にメジャーで測ってもらうのが良いとされています。

定規や金属メジャーでは正確に測れないので、気をつける必要があると言えるでしょう。

 

測る場所は、中指の一番上の部分から手首の部分までが縦のサイズとなり、

親指の内側から小指の外側までが手の甲周りとなります。

これらをメジャーで測り、小手を選んでいきます。

 

また、小手頭の部分は新品は硬くて使いにくいことが多いとされています。

しっかりと揉んでおいたり、叩くなどしてやわらかくしておくと使いやすいと言えるでしょう。

 

さらに、小手はあまり打たれることがない部分ですし、

強く打たれることも少ないので、そこまで衝撃吸収性はいらないとされています。

初心者で痛いのが苦手という人や、小学生などで恐怖心を付けさせたくない、

指導的立場で打たせ稽古などを行う人は衝撃吸収性の高いものを選ぶと良いでしょう。

 

それと、小手は割りと消耗することが多い剣道防具の一つなので、

そこまで高級品にこだわる必要はないと言われています。

しっかりとサイズが合っていれば、後はぼろぼろになってきたら次のを気軽に買うことができるように、

費用は抑えておいた方が良いかもしれません。



剣道具職人のいる店 剣道防具工房「源」

京都西陣の剣道防具工房である「源」は、

一流の剣道職人有段者の店長が厳選しつくした600種類以上

剣道具、剣道用品をそろえた業界大手のお店です。

剣道具職人のいる店 剣道防具工房「源」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL