私が剣道に興味を持ったきっかけ

私は現在24歳の男性で事務職の仕事に就いています。

 

ある日私は過去に通っていた中学校の同窓会に行った時に、

私と同じクラスに在籍していた同級生に会いました。

その人は剣道部の公式試合で何度か賞を取り、文武両道を貫いていました。

同級生は少し肥満体になっていましたが、

顔の感じは中学の時と変わらず、思わず懐かしくなりました。

 

やがて私はその同級生と少しお酒の飲みあいをする事にしました。

少し酔ってきた所で、同級生が中学にやっていた剣道についての体験談を話してくれました。

 

同級生が言うには剣道は日本の伝統的なスポーツの一つで、

やっていて大和魂を感じたと語ってくれました。

同級生が言うには剣道は特に足さばきをすばやくやっていく事の大切さや精神の強さ、

体を鍛える事、腕の力を上手な具合に調節する事が大事だと言われました。

 

やがて酔いが醒めても同級生は剣道の魅力を伝えてくれました。

同級生は他に剣道で大事な事は踏込の大切さ、

いかにして早く面打ちしていくか、いかにして早く胴打ちしていくかなど、

私にとって興味深いトピックばかり話題として出てきました。

 

剣道って奥の深い世界だと思い、

友人の紹介で剣道を行っている稽古場につれてもらって私も剣道を始める事にしました。

まず準備体操をして剣道を経験してみる事にしました。

 

まず最初、すり足で移動する事から始まり、徐々にスピードアップしていきました。

そして私は面をつけて簡単な感じで試合を始めてみました。

最初は相手が手加減してくれたのですが、徐々に相手がプロの領域になってきて、

相手の体を動かすスピード早くなって、とうとう負けてしまいました。

 

しかし私は初心者だから負けたのは仕方ないのかと思う事が出来ず、

そして私は本格的に大人になってからにも関わらず剣道を学ぶことに決めました。

 

その為に私はネットの通販サイトを利用して小手や竹刀を

剣道防具コムというサイトを参考にして買う事にしました。

小手はくねくね小手と呼ばれていて、

この小手を着用しても体に全然負担がかからず、とても動きやすかったです。

 

竹刀は柄太竹刀と呼ばれるものを使用しる事にしました。

その他に面や胴、袴はスポーツ専門の用具を売っている店で買う事にしました。

 

道具を買いそろえて、早速私は稽古場で稽古する事にしました。

剣道して体を動かすのは凄くストレス発散になるし、

これから剣道のスキルが上がっていくという楽しみがあるので、

日頃の私の楽しみになりました。



剣道具職人のいる店 剣道防具工房「源」

京都西陣の剣道防具工房である「源」は、

一流の剣道職人有段者の店長が厳選しつくした600種類以上

剣道具、剣道用品をそろえた業界大手のお店です。

剣道具職人のいる店 剣道防具工房「源」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL