幅広い選択肢から、自分に合った道場選びを

私が剣道を始めたのは、小学校の頃でした。

当時はテレビで時代劇「暴れん坊将軍」が放送されており、

将軍吉宗をはじめその時の登場人物のチャンバラシーンに憧れて剣道の道へ進みました。

もっとも、親は「体づくり」や「礼儀作法の習得」を目論んでいたようですが、

子供が剣道を始める理由はきっと、誰でもこんな感じだと思います。

 

いざ少年団に通ってみて感じた剣道の魅力は何と言っても「礼儀作法が正しく身につく」という点です。

他のスポーツや格闘技ではどうしても相手を打ち負かす、試合に勝つことだけを重視してしまうあまり

礼儀作法の教育がおろそかになりがちです。

しかし剣道は試合で一本を取った後にガッツポーズをしてはならないというルールや、

外野は試合中にあまりにも攻撃的なヤジを飛ばしてはいけないというルールがあるため、

自然に他者を敬う礼儀作法が身につくのです。

日本には数多くのスポーツや武道がありますが、

ここまで礼儀作法に厳しいものは剣道を置いて他にはないのかもしれませんね。

 

そして、いざ剣道を始めるぞ!と思い立ったら、

まず最初に道場選びから始める事が大切だなと今では感じています。

というのも、剣道は道場や少年団によって指導方針が微妙に違います。

礼儀作法を最重視して、剣道の理論から教えてくれる道場もあれば、

とにかく試合に勝つことだけを重視してビシバシとスパルタ稽古を行う軍隊の様な道場もあります。

また、スタートから最初の3ヶ月から半年間は防具を着けることを許されない道場もあります。

本当にゼロからのスタートであれば、

こういった初心者専用の練習を展開している道場のほうが良いかもしれません。

そのため総合して、「どういった事を学び取りたいか、剣士としてどうありたいか」を第一に考え、

道場を選ぶ必要があると思います。

 

現在は日本各地に剣道連盟というものがあり、

地域の道場や少年団についてはそこに問い合わせれば教えてもらえます。

また、剣連自体が稽古を開催している場合もありますが

こちらはどちらかと言うと百戦錬磨の剣士が集う上級者向けの稽古であることが多いので、

可能な限り初心者向けの道場をいくつか教えてもらうようにしましょう。

そうして教えてもらった道場に、何回か見学に訪れてみて、

雰囲気を確認してから入ると間違いの無い剣士生活をスタートできるかと思います。

せっかく意を決して始めたのであれば、長く続けて心身ともに錬成したいものですね。



剣道具職人のいる店 剣道防具工房「源」

京都西陣の剣道防具工房である「源」は、

一流の剣道職人有段者の店長が厳選しつくした600種類以上

剣道具、剣道用品をそろえた業界大手のお店です。

剣道具職人のいる店 剣道防具工房「源」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL