剣道上達のためのトレーニング法

剣道上達するためのトレーニング法を紹介します。

 

一番大切なことはやはり、基礎トレーニングです。

基本動作を何回も繰り返すことで上達していきます。

なので初めに基本動作について説明します。

 

まずは素振りです。

素振りは剣道の基本中の基本です。

素振りには正面素振り左右素振りがあります。

正面素振りはまっすぐ振り上げ、下ろしをするのに対して、

左右素振りは竹刀を左右に振ります。

 

素振りの次は、足の運び方を練習します。

足は、すり足、歩み足、送り足、開き足、繋ぎ足があります。

これらの基本を徹底的に、無意識でも体が動くまで練習します。

 

面、小手、銅等の基本技も徹底的にトレーニングします。

それが出来たら、応用技についても練習しておきます。

比較的簡単な応用技は小手抜き面です。

これは相手が小手を打ってきたらすかさず、

こちらが振りかぶり面を打ちます。

 

他には面払い面があります。

これは、相手が面を打ってきたところをその竹刀を払って

こちらも面を打つという技です。

後ろに下がって打つことがポイントです。

 

剣道で大切なことは、技の形というのが大切なので、

とにかく繰り返しが必要になります。

 

最後に練習以外で大切なことをお伝えします。

試合前は深呼吸をして、気持ちを落ち着けることです。

練習した成果を試合で発揮するためには、落ちつくことが何より大切です。

 

それから、試合ではどんな相手でも絶対に勝つ、と思ってください。

負けるかもしれないという状態で勝てる試合はありません。

自己暗示は剣道でとても大切です。



剣道具職人のいる店 剣道防具工房「源」

京都西陣の剣道防具工房である「源」は、

一流の剣道職人有段者の店長が厳選しつくした600種類以上

剣道具、剣道用品をそろえた業界大手のお店です。

剣道具職人のいる店 剣道防具工房「源」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL