剣道を始めて9年目

私が剣道を始めたきっかけは中学1年の時の担任の先生が剣道を勧めてきたことがきっかけです。

初心者だった私から見ても剣道のイメージは「痛い」、「臭い」、「暑い」

というイメージが強く私自身続けられるかどうか心配でした。

 

しかし、剣道を続けていると他のスポーツと違い技の攻防や技の種類などとても奥深く、

私は気づけば剣道に引き込まれていました。

 

剣道の魅力といえば、やはり相手との心理戦や試合などで一本を取れた時嬉しさです。

どのスポーツも同じですが、剣道は特に練習などは反復練習で

マンネリ化が起きやすいスポーツだと思います。

実際に今現在大学3回生になった私でもよく剣道に対する気持ちが薄れてしまうことがあります。

 

しかし、剣道というものは、日頃の鍛錬の積み重ねが大事と言われます。

なので、剣道を始める初心者の方は最初は防具も付けず素振りなど基本動作をずっとさせられますが、

根気よくやっていけば、いずれかは剣道に引き込まれると思います。

 

次に剣道始めるにあたっての注意点は、一番目は金銭面だと思います。

理由としては、剣道の防具や竹刀は消耗品であり、

私的にはスポーツの中で一番剣道がお金のかかるスポーツだと思います。

安い防具一式でも5万以上はします。

また、あまりに安い防具を買ってしまうとに壊れたりしてすぐにダメになってしまいます。

なので、剣道を始めようとしている人はしっかりと検討して剣道を始めてみるといいと思います。

 

次は剣道で起こるケガについては、一番多いとされているのはやはり打撲だと思います。

剣道は竹刀を使いお互いに打ち合うスポーツです。

その中ではケガなどはつきもので小手を打つ時でも膝に外れたり

胴を打つ時に脇や足に当たったらするなど経験者の私でも未だに痛かったりします。

 

打撲の他には疲労骨折なとがあります。

疲労骨折は主にどの部位かと言いますと踵が良くなりやすい部位です。

なぜかと言いますと、剣道では面など打突する際に踏み込みという基本動作があります。

初心者などまだ基本動作がまともにできていない人は

踵で踏み込んでしまい踵が疲労骨折になってしまうなどを実際に私は見たことがあります。

 

しかし、ケガはどのスポーツでもつきものです。

ケガが怖いと思っていれば絶対にどのスポーツでも技術の向上がないと思います。

なので、剣道でもケガをされてる方、されていない方も

ケガと向き合い鍛錬の修行に励むことが大事だと私は考えました。

 

最後に防具購入の失敗例については、私自身はないですが、

知人から聞いた話では通販などで買ってしまうといざ届いたらサイズが合わないなどがあり、

実際に武道具屋に行ってサイズを1から測ってもらわないと自分にあった防具は買えません。

なので、今から剣道始めようとしている方は通販などで買うのではなく

専門店などに行き購入することをおすすめします。



剣道具職人のいる店 剣道防具工房「源」

京都西陣の剣道防具工房である「源」は、

一流の剣道職人有段者の店長が厳選しつくした600種類以上

剣道具、剣道用品をそろえた業界大手のお店です。

剣道具職人のいる店 剣道防具工房「源」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL