剣道をしてわかったこと

私は剣道を小学校2年生から小学校卒業までやりました。

きっかけは通っていた小学校の体育館で夜に週2回稽古をやっているのを母親が知って、

やらないかと言われ何気なく始めました。

 

小学生低学年のうちは稽古も基礎的でやさしく友人と楽しく通っていました。

でも体育館の違う場所では高学年の人たちが厳しい先生に無茶苦茶にされているのも見ていました。

自分も高学年になるとあんな風にされるのかと思うと行くのが嫌になっていました。

 

それでも同学年の中では一番強かった私は、

高学年を指導する先生にも期待をされ厳しい稽古についていき、

小学校卒業までは何とかくらいついて続けていきました。

 

それでも中学校になってまではつづけようとは思いませんでした。

道場の中では一番強かったのは確かなのですが、

対外試合などに行くとやはり小学生なりに化け物みたいなやつがいて、

それが一人二人ではなく結構いたのもあり、

これ以上は自分の才能ではどうにもならないのかなと思ったのが要因かなと思います。

(中学校に剣道部がなかったこともあります。)

 

剣道で教わったことは礼儀・礼節を重んじることを小学生なりに叩き込まれたことと、

小学生の普段の生活では、まず感情としてあらわれない闘争心を叩き込まれたことだと思います。

 

私の先生は稽古の時は小学生相手でも大人100パーセントのパワーで勝負をしてくれましたので、

ブッ飛ばされのは日常茶飯事でしたし

(まあ相手に失礼の無いように人と人と、一対一でぶつかるという信念のもとやっているのでしょうが、

小学生には地獄です。)

かなり腹を立てながら懸命にぶつかっていかないと気が持たないので、真剣に稽古をしていました。

 

そうすると自然と闘争心が身に付いているのがわかりました。

(数年後中学に上がってデカイやつに喧嘩をしたりするときにビビってない自分がいたことで気がついた)

やり方は無茶苦茶でも子供鍛えるという点では私には効果があったと思います。

 

また礼儀にも厳しい道場でもありました。

武道というのは古来からのサムライ精神を尊重しながら成り立った経緯もあるとは思いますが、

相手を敬うという点においてはほかの格闘技とも少し違うものだという感じがします。

その精神を鍛えるべくかのように、私の道場では普段の礼儀を小学校の低学年から徹底されます。

 

その精神は私の中でいまだに生きているような気がします。

礼儀と闘争心という相反するかのような2つの精神を鍛えることができるという点で

(剣道に限らず武道全般ですが)

人間としての成長を感じられえるものであると思います。



剣道具職人のいる店 剣道防具工房「源」

京都西陣の剣道防具工房である「源」は、

一流の剣道職人有段者の店長が厳選しつくした600種類以上

剣道具、剣道用品をそろえた業界大手のお店です。

剣道具職人のいる店 剣道防具工房「源」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL