剣道の経験と魅力

剣道を始めたのは小学校一年生の時です。

剣道に興味をきっかけは単純に防具が恰好良かった事や

チャンバラで面白そうだったからです。

幼稚園とか小学一年生の時期であるので深い考えもなく

親がやらせたかったというのが大きかったと思います。

 

といっても親が剣道をやっていたのではなく、就職の時に教師(親が教師だった)になるためとか、

公務員になるのに何かの役に立てばぐらいの意味だったらしいです。

近くの友達とかも一緒にやってたりしてたので、そこそこ長く続きました。

終わってから遊びにいったり、試合とかで対抗試合に行ったりしたときに遊んだり、

合宿で遊んだりと、また別の楽しみがあったりして、

最終的に続けて中学校三年生までやりました。

 

結局、一級までは行きましたが段は取れませんでした。

もともと真ん中ぐらいの身長だったのですが、中学校の時に急に身長が伸びなくなって

一番前ぐらいになったせいもあり、かなり感覚が変わってしまい、

うまくいかなくなってみたいな事もあったり。

 

あと、剣道の昇段審査は、自分は、普段サボっていて

試験ちかくになって必死で練習するという事をやってましたが、

毎回足の裏に肉刺ができてました。

それが試験直前になってやぶれて、痛すぎてまともに動けないという事がたたありました。

中学校の部活でも、剣道はやりませんでした。

が、小学校の教室のまま、中学校まで続けました。

 

長くやってきて感じた剣道の魅力は、なんといっても試合。

スカッと一本が取れた時の快感です。

相手の攻撃や防御の裏をかいてキレイな一本を取れる快感はなんともいえません。

それを得るために、剣道をたっているといってもよいです。

また、大きな声を出す事を力を学ぶ事も出来たと思います。

通常の力以上を出す方法というものが得られたのは他のスポーツでも役に立ちました。

 

剣道を始めるにあたっての注意点としては、夏が暑く冬が冷たいという事です。

通常、冷暖房がない体育館なのでやることになるので、つらい季節が多いです。

特に、剣道は、袴や練習着、防具をつけて動きます。しかも裸足。

夏暑く、冬寒いというか冷たいという環境はつらいです。

まあ、限界まで暑いなか限界まで大声出して動いてものすごい汗を出す経験とか、

キンキンに冷えた床でがたがた震える体をを気合で奮い立たせる経験は、

根性をつけるのには最適です。

特に、大声を出すと力が出るという経験は、将来の役に立つのでやってみて損はないと思います。



剣道具職人のいる店 剣道防具工房「源」

京都西陣の剣道防具工房である「源」は、

一流の剣道職人有段者の店長が厳選しつくした600種類以上

剣道具、剣道用品をそろえた業界大手のお店です。

剣道具職人のいる店 剣道防具工房「源」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL