剣道は礼に始まり礼に終わる

剣道は竹刀を持って一対一で打突しあう種目でお互い剣道用の防具を着用します。

稽古を続ける事で技を磨き人格の完成を目指す武道です。

 

剣道は他のスポーツと違い、礼に始まり礼に終わる

といわれるくらい礼に対しては厳しく指導をしています。

 

剣道は棒切れで打ち合う野蛮な競技ですが、

それでも喧嘩にならずに競技として続けていられるのは

相手を思いやる心と相手に対して自分を鍛えてくださいという謙虚な気持ちがあるので

思いっきり打ち合うことができます。

他のスポーツと違って礼に対する心構えというものがあります。

 

剣道では勝利をしてもガッツポーズは許されないのです。

そこには自分と同じ気持ちで稽古してきた相手に対する尊敬と

互いに全力を出して戦った相手に対して感謝の気持ちを忘れてはならないからです。

 

剣道は全身を使う運動ですので足やら腕の筋力を強め全身が鍛えられます。

血液循環を良くし、新陳代謝の活発を促し内臓器官を丈夫にし

肌の老化を防止し若くいられるという特徴もあります。

 

剣道のルールについてですが試合については基本的に3本勝負になっています

運営上の都合により1本勝負になることもあるそうです。

試合時間は5分でこの間に有効打突を2本先取した方が勝者となります。

時間内に1本しか取れずそのまま試合が終わった場合は、先取した人が勝者となります。

 

有効打突は竹刀により定められた面・小手・胴といった打突部位を

正確に相手の打突部に正しい姿勢で十分な気勢を維持しながら打突することです。

 

剣道には悪質な行為によって退場や失格になってしまう反則というのもあり

礼を重んじる剣道であるため審判に対しての暴言や非礼な行為をした場合などは

状況によっては直ちに退場・失格になります。

薬物などドーピングしていたことが判明した場合もただちに負けとなります。

不正な竹刀や道具を使った事が明らかな場合もただちに負けとなります。

 

剣道を始める場合は何歳からでも始められ何歳になっても続けることが出来ます。

社会人になってから剣道を始められる方もいるそうで

30代・40代で剣道を習い始められる方も意外と多いそうです。

社会人が剣道を始めるには町道場なとで教えてもらえます。

 

剣道をしている多くの人は剣道普及ということを念頭に置いて日々稽古に励んでられるので

「剣道教えて下さい!」とやってこられて断る指導者は少ないです。

社会人剣道のメリットとして運動不足の解消が出来る事やストレス発散があり

剣道は大きな声を出すので、日頃声を出す場面はそうないですから

大きな声を出す、そこが気持ちの良い所です。



剣道具職人のいる店 剣道防具工房「源」

京都西陣の剣道防具工房である「源」は、

一流の剣道職人有段者の店長が厳選しつくした600種類以上

剣道具、剣道用品をそろえた業界大手のお店です。

剣道具職人のいる店 剣道防具工房「源」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL