剣道は、、、

剣道はすばらしいスポーツです。

これから剣道を始めよう、或いは興味があるけど、どうしよう。

と思っている方に剣道の魅力について紹介します。

 

剣道は、その名の通り剣の道です。

ご存知の通りその歴史は長く日本の伝統が生きている競技です。

その中には、伝統的な競技なので、他の競技とは違い「礼儀作法」があります。

「礼に始まり礼に終わる」といった感じです。

 

とは言っても難しい作法ではありません。

簡単ですが、やはり作法は、非常にかっこよく見えますし、

他のスポーツと一線を画すところであります。

また、伝統を感じる防具に関しても注目したいところです。

剣道をはじめ、自身の防具、竹刀を初めて身に着けた時は非常に気持ちが高揚します。

 

試合会場に行くと入口付近で「竹刀の鍔」を販売していることがあります。

いろいろな模様の「鍔」が販売されており、剣道をしている学生に人気です。

こだわりの「鍔」を見つけるのは楽しみの一つでしょう。

 

剣道には段位制があります。

日ごろ当然のように、剣道や柔道には段位があることはわかっていますが、

実は他のスポーツと比べるとこれは特異なことなのです。

 

段位をとると履歴書に書くことが出来ます。

そりゃそうでしょう、と思う方もいらっしゃるかと思いますが、

サッカーや野球では、その個人的な技術レベルを履歴書に書くことは出来ません。

スポーツでその実力や努力の結果を履歴書に書くことのできる数少ないスポーツの一つなのです。

 

段位は、中学生で、二段くらい、高校生で三段くらいが目安ですが、

段位はまじめに取り組んでいれば、三段までくらいならば、がんばれば取ることが出来ます。

二段、三段くらいから非常に響きが良いです。

剣道未経験者が聞けば相当な達人に聞こえます。

 

段位認定会場には、学生から社会人まで幅の広い年齢の方々が来ています。

社会人や高齢の方も段位認定会場に来ていました

非常に受験者の年齢幅が広いのです。

緊張しました。

これは、私が思う剣道の一番魅力的なことです。

 

ここで言えることは、剣道というスポーツは、

非常に長い時間を付き合うことが出来るスポーツであり

自分のペースで続けることが出来る「道」なのです。

 

学生のときに何らかの事情で中断しても、

社会人になって思い出して地元の同好会で再開すれば、

また段位認定試験や地方大会への出場も出来るのです。

 

実際に私の友人も会社員になり、高校卒業以来やっていいなかった剣道を再開し

最近三段認定試験を受けました。

剣道は年とともに熟練し達人になってゆくスポーツです。

それこそ「道」です。

あなたも剣道を初めて見てはいかがでしょうか。



剣道具職人のいる店 剣道防具工房「源」

京都西陣の剣道防具工房である「源」は、

一流の剣道職人有段者の店長が厳選しつくした600種類以上

剣道具、剣道用品をそろえた業界大手のお店です。

剣道具職人のいる店 剣道防具工房「源」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL