剣道の魅力

剣道の魅力といえば沢山ありますが、私が感じる魅力は相手と一対一の勝負の面白さです。

私は昔から負けず嫌いで、剣道にかかわらず勝負ごとでは負けたくありません。

剣道に関しては、相手と対峙して白黒はっきりつくのでかなり熱中できるところです。

そして、アマチュア競技である剣道は、

実力差があっても相性やその時によってひっくりかえせることが多いです。

 

現に柔道やレスリングなど一対一の勝負の大会では、

全国大会3連覇とか、世界大会10連覇とかありますが、

剣道の全日本大会では連覇した人はわずかに2人しかいません。

それほど同じ相手でも連続で勝つのが難しく、

格上相手にでもチャンスは十分にあるというのがとても面白いところだと思います。

 

練習ではいつも負けていた相手に、

本番の試合で勝つことなんか最高に気持ち良いですし、よくあることでもあります。

そこで嬉しかったり悔しかったりすることができるので、勝負の面白さを味わうことができます。

 

剣道は昔の殺し合いからきているものがあります。

良くない言い方かもしれませんが、剣道は唯一合法的に相手をたたくことができます。

昔の本当の殺し合いから比べれば、今の剣道の勝負はかわいいものだし、

勝った=殺したということにもなりませんが、

一本取った時というのは殺し合いを制したという感じに思えたりします

(もちろん殺したことはありませんが笑)。

 

練習では一本取ることやとられることに慣れていますが、

いざ改めて真剣勝負をすると一本に特別な感情がわいてきます。

こういう感情は普段の私生活ではほとんどないだろうなと思うので、

剣道をやっててよかったなとつくづく思います。

 

これまでにも幾度となく勝負をしてきて、

そのたびにいろんな思いをしてきましたが、剣道は一生涯続けることができます。

これから先続けていたら、何十年と勝負を味わうことができる思うので、本当に良かったと思います。

 

勝負にかける思いは人それぞれありますが、剣道では色んな準備ができます。

相手との勝負ですから、相手の分析だったり対策を練ったりすることができます。

また、剣道は心理的な動きが試合に出やすいので、

良い気持ちの持って生き方をすることも大事になります。

 

剣道は相手との勝負ですが自分との勝負でもあります。

こういった勝負にしっかりとした準備をして、終わった後に反省をするということが、

また次に活かすことができます。

この繰り返しで、生涯成長できるというのが最大の魅力です。



剣道具職人のいる店 剣道防具工房「源」

京都西陣の剣道防具工房である「源」は、

一流の剣道職人有段者の店長が厳選しつくした600種類以上

剣道具、剣道用品をそろえた業界大手のお店です。

剣道具職人のいる店 剣道防具工房「源」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL