剣道における筋肉痛

剣道は、日本古来からの武道として

非常に人気のあるスポーツです。

 

特に近年では、学校での武道必修化にともなって

実施されることも多くなりました。

 

防具などの道具が必要になりますが、

柔道に比べると安全性の面でよいということで

実施されているところが多くあります。

 

剣道が一見すると動きの少ないスポーツのように見えるので

激しい体力消費をしないような感じがしますが、

瞬発的に使う筋肉を動かすので筋肉痛も多くあります。

 

また、場合によっては大怪我につながることもあるスポーツです。

剣道を行う上で、筋肉痛になりやすい部分は腕周りです

。特に最初のうちは竹刀を持って上段で構えるだけで腕周りが張ってくるようになります。

これは、剣道を行う人が想像している以上に竹刀が重たく、

さらには重量のある防具を装備しているので

この部分が体に大きな負担となってのしかかってくるためです。

 

さらにこの装備を付けたまま、戦いをします。

戦いは非常に短い時もありますが長期戦に及ぶ時もあります。

こうなると体全体に負担がかかってくるので筋肉痛にもなりやすくなります。

 

このほかには、待っているときに筋肉痛を起こす人もいます。

これは、剣道で待っているときには基本的に正座の姿勢でまっていることになります。

長時間に及ぶ正座で、さらに重装備の防具を付けた上で待っていないといけません。

慣れてくると平気になりますが、慣れるまでは負担で脚の部分が筋肉痛になることがよくあります。



剣道具職人のいる店 剣道防具工房「源」

京都西陣の剣道防具工房である「源」は、

一流の剣道職人有段者の店長が厳選しつくした600種類以上

剣道具、剣道用品をそろえた業界大手のお店です。

剣道具職人のいる店 剣道防具工房「源」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL