足さばきがしっかりと、自由に動けるように稽古

私は剣道五段で、社会人として日々稽古をしています。

段位が上がるほど、確実に一本を決めていくことが重要だと実感しています。

ですが、言うのは容易いですが実行するのはなかなかの困難です。

 

様々な部分を強化しなけらばなりませんが、

最近足さばきが自由にできるように、動けるように稽古しています。

 

自分で攻撃したり、防御をしたりするにも鍵となるのは足さばき。

攻防が一緒になり自由度の高い足の動きが出来れば、

相手の隙を素早く見抜き突いて一本を獲得でき勝利できる確率が高くなると気づきました。

 

まず、一人稽古で足さばきを行いチェックします。

素振りをします。

素振りをして打突します。

だけど、ただ打つのではなく、できるだけ一拍子を心掛ける事。

特に竹刀を振り上げて、一拍子で振り下ろす。

それと同時に右足と左足をする鋭く動かすようにイメージしながら。

その時に送り足をしっかり行います。

 

よく、打突した後にずり足をする人が多く見受けられます。

自分も最近までそうでした。

意外と出来そうできていない。

とにかく、気を抜かないで足を見ながら竹刀を振ります。

自分で意識をしていないと、足は撞木になったりおろそかになりがちです。

悪い癖がついて反応も鈍くなります。

 

打ち込み稽古をした時にも欠点がよくわかります。

一人稽古と打ち込み稽古の時は、打ち抜ける時に打ちたいがあまりに

後ろ足を小刻みに送りがちです。

意外と横着すると疲れますし、送り足がしっかりしてないと竹刀も相手に決まらないです。

 

剣道でよく言われる言葉で「一眼二足三丹四力」と言われます。

この言葉を思い出して足は重要な部分だと思っています。

 

ともあれ、一人や打ち込みの時は後ろ足を嫌になるほどチェックします。

足をしっかりできるようになることは、

相手との距離感や重心の移動もスムーズに行う事が可能となるのです。

 

打つ姿勢も変化していきます。

前傾になったり、後ろに仰け反ったりしないで中間のバランスの位置に。

ベストなバランスの良い状態で攻撃し一本を決められるようになるのです。

 

足さばきがぶれずにできるようになれば、重心も安定し、腰もどっしりする。

上半身に無駄な力も入らなくなります。

とにかくこれを意識して稽古をします。

 

それと更なる自由度を向上させるためにできるトレーニングもお勧めします。

壁押しです。

一見何の関係もない様に見えますが、壁を押す体勢は打突の姿勢の形に近づきます。

壁を押した時に、右足を軽く浮かせる。

壁の手と左足で体も支えていきます。

そこから左足を蹴るのと同時に壁を押します。

これを5回セットで。

 

結構疲れます。

ですが、これは安定性や正しい方向。すなわち相手に向かっていく。

正しく真っ直ぐに。

足さばきに大事な瞬発力も鍛えられ、ひかがみも適度に伸びて上手くアジャストします。

 

私はこれは剣道倶楽部の師範から教えられました。

とてもきつかったですが、先日道場の稽古で私より段が上の方と軽く試合しました。

正直今まで勝ったこともなく技も決まらないことが多い方でした。

しかし、いざ試合をして相手よりも素早く動き面で一本を連取でき始めて勝ちました。

非常にうれしかったです。

この時に足さばきができるチェックのみで後は殆ど何もしてませんでした。

 

ですが、以前の自分と比べ素早く動けるようになり、

一本を素早く確実に決められるように精度も次第に高くなりました。

安定した素早く動ける足さばき。これを強化して剣道をしていこうと思います。

継続的にしっかりやっていけば強くなっていきます。



剣道具職人のいる店 剣道防具工房「源」

京都西陣の剣道防具工房である「源」は、

一流の剣道職人有段者の店長が厳選しつくした600種類以上

剣道具、剣道用品をそろえた業界大手のお店です。

剣道具職人のいる店 剣道防具工房「源」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL