相手のさそい出し方を研究し、2つの事を意識して稽古しています。

私は剣道五段で現在も少しずつですが剣道を続けています。

学生時代からはじめた剣道ですが、続けていくほど奥が深く難しいと近年感じています。

 

若い時は力や勢いで相手をねじ伏せられましたが、

年を取ったり、段位が上がるほどそれが出来なくなってきました。

日々の稽古を欠かさず、考え行動するのが上達の早道だと思っています。

 

ですが、相手と稽古したり試合をするとなかなか技が決まりません。

自分の一本を確実にしっかりと決めるのが勝利の鍵です。

頭では理解していますが、相手を上手くさそい込みその隙をついて技を繰り出す。

簡単なようで難しいし、高度です。

 

相手の隙を付くためには大勢を崩し、相手をこちらに上手くさそう。

これに徹すると思います。

 

自分も日々の稽古等で今2つの事を特に重点的に取り組んでいます。

一つ目は、右足をゆっくり出すことを意識する。

例えば遠くの間に居たとします。

自分が掛かり手として相手を見ます。

その時に左足は固定する。

そして、右足をじわじわ。ゆっくりと踏み出していきます。

そして近づいていきます。

 

ここで相手は、間合いが詰まった。

絶好のチャンスだという状況をあえて与えてやります。

相手は縮まった間合いを利用して大体ここで出ばなを狙ってくるはずです。

こちらも相手の技が出る瞬間を逃げずに見切る。

出てくる瞬間を見計らい最速の打ちをだす。

相手の技を封じて出ばなを抑えることに成功しやすくなります。

 

次は、自分の打突される部分をわざと開ける。

要は隙を作り相手を誘い出すポイントです。

もし、相手に面を打たせようと考えているのでしたら、相手が当然狙ってくるところは面。

相手の状況を見て、こちらは竹刀の剣先を低く下げて、面をフリーにしてわざと隙を作るのです。

相手は面に隙が出来たことをけっして見逃しはしません。

面を打つために相手は勝負に出てきます。

面打ちを竹刀で受ける。

それを前腕の力で返します。

返すと大体己のバランスを崩します。崩れておもしろいです。

そこを返し胴を決めていくとか他の技を出したり行動したりと一本を取れる状況を作るのです。

 

打突部分を開けて相手を誘う事は、意外と初心者であれ強い段位の方との試合でも、

どんな技を出していくのかは自分の空けた部分や部位で対策や予想が立てやすいのです。

何がくるかわかれば簡単に対処できます。

 

私は今、2点の事を特に意識して取り組んでいます。

これをやって最初はなかなか直ぐには結果が出ませんでしたが、

いざ取り組んでみると、右足の動きの遅れは意外と相手に対してフェイントにもなります。

試合でもあえて相手を誘い出してのカウンター技が結構決めることができるようになりました。

剣道の指導してくれる先生からもうまいぞとほめられて嬉しくなってきました。

 

さそい出せば、相手の重心とバランスは目の前の勝利でぶれたり、ぐらついたりもします。

上手く決まるようになるまである程度の時間も掛かるかもしれませんがおススメです。



剣道具職人のいる店 剣道防具工房「源」

京都西陣の剣道防具工房である「源」は、

一流の剣道職人有段者の店長が厳選しつくした600種類以上

剣道具、剣道用品をそろえた業界大手のお店です。

剣道具職人のいる店 剣道防具工房「源」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL