楽しむことが一番の成長

私は、中学1年生から高校3年生まで剣道部に所属していました。

始めたきっかけは、クラブ見学を一通りして剣道部の迫力ある雰囲気が印象的で入る事に決めました。

当初、太っていた私は最初の体力作りから人より遅れており、不安でいっぱいでした。

ですが優しい先輩に恵まれており、休憩合間のおしゃべりや遊びが楽しく

部活へ行くのが苦痛ではありませんでした。

そうしているうちに、練習メニューにも段々付いていける様になりました。

毎日同じ練習の繰り返しではありましたが先輩と剣を交わえれる事、

いつか追いつきたいという気持ちでいっぱいで部活の時間が楽しくてたまりませんでした。

そうして練習を重ね試合という場で自分の成長が勝敗という形で結果に出る事が嬉しかったです。

 

中学生では団体、個人共に近畿大会まで出場させて頂きました。

その功績から高校は推薦を頂き特待生として入る事が出来ました。

ですが中学生の部活道とは違い、特待生ということもあって生半端な練習量ではなくまた出遅れる日々でした。

中学校の先輩や仲間とは違う高校へ入った為環境の変化に打ち解けるのにも時間がかかりました。

そして、たくさん練習して中学生の頃より剣道は確実に強くはなったのでしょうが

試合で勝つ事が減っていく様になりました。

 

自分にとって何が欠けているのか考えた時

やはり一番に剣道を純粋に好きだった気持ちが

特待生になり勝敗に拘らなくてはいけなくなった事で

周りの期待への重圧が苦痛になり楽しい剣道を忘れてしまった事です。

 

私が、これから剣道を始められる方がいらっしゃったとして技術も大事ですが

まず楽しんでほしいなと思います。

楽しく学べたら自然と技術は付いてくると思います。

あとは目標や目指してる方がいるとまた上に向かう向上心がつくため良い刺激になると思います。

 

部活道は剣道に限らず苦楽を共に出来る仲間がたくさん出来ますし大切な経験になると思います。

今、社会人になって剣道をやっていて良かったと思える事は集中力が良くなった事や忍耐力がついた事です。

直接、剣道自体が役に立つ事はないかもしれませんが

部活道で学んだ事は社会人になっても大きく役に立っています。

 

剣道は他のスポーツと違いオリンピックの競技にはありません。

それは剣道が日本の武道だからです。

ぜひ一度興味をもってテレビの試合を見て下さったり始められる方がもっと増えたら良いなと思っています。

私は剣道に出逢えて良かったです。



剣道具職人のいる店 剣道防具工房「源」

京都西陣の剣道防具工房である「源」は、

一流の剣道職人有段者の店長が厳選しつくした600種類以上

剣道具、剣道用品をそろえた業界大手のお店です。

剣道具職人のいる店 剣道防具工房「源」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL