小手への打ち込みを成功させるには動体視力トレーニングが欠かせない

剣道の実力を向上させるためには毎日の地味な練習の積み重ねが大切であることは

誰もが口を酸っぱくして申し上げていることであり、

なおかつ正しく最重要課題であるとも言えます。

 

ところが、ただ単に練習を繰り返していただけでは剣道が上手になるとは言えません。

自分自身について深く知った人こそが、剣道の世界でトップに君臨することができるようになるのです。

 

そもそも剣道の世界において、面よりも小手を狙ったほうが相手の隙を突くことにも効果的なので、

小手への打ち込みを得意になっておくことに越したことはありません。

にもかかわらず、剣道の師範の中にはダイナミックさを再優先するあまりに

面への打ち込み能力を強化させる傾向も無きにしもあらずです。

 

このような練習も効果が皆無であるとは言い切れませんが、

やはり剣道選手には得意不得意というものがあります。

ある剣道選手にとっては面への打ち込みが得意である一方で、

他の剣道選手は面への打ち込みがあまり得意ではないということについては

決して珍しいことではないのです。

 

そのため、もしも自分自身の実力を客観的に見た結果として

面への打ち込みに苦手意識を感じているのであれば、

小手への打ち込み能力を底上げするように徹底させることが

勝利につながる可能性があると言えます。

 

小手への打ち込み能力を向上させるために必須のスキルというものがありまして、

その正体は何かと言えば動体視力の高さです。

ありとあらゆるスポーツの世界において動体視力の高さが大切なのですが、

それは剣道の世界でも例に漏れることはありません。

 

動体視力が高ければ、小手への打ち込みを行う際に

相手の防御をかいくぐりながら一本を取ることができるようになります。

また、面を狙って大きく振りかぶる動作を行った相手の剣道選手の隙を

容易に突くことができる点も良いと考えられます。

 

動体視力を高めるためには、実践さながらのトレーニングを積み重ねることが大切になります。

さらには、剣道の世界で長く自己研鑚を積んでいる人と一緒に練習することも大切です。

いろいろな技のレパートリーを繰り出してもらい、

その一つひとつに対して高い動体視力を駆使しながら攻略していく

という経験を積み重ねることが非常に大切だからです。

 

また、日ごろから動体視力を高める結果に直結するようなスポーツを片手間で楽しむようにすることも、

剣道の世界で小手を狙う能力を向上させるためには役に立ちます。



剣道具職人のいる店 剣道防具工房「源」

京都西陣の剣道防具工房である「源」は、

一流の剣道職人有段者の店長が厳選しつくした600種類以上

剣道具、剣道用品をそろえた業界大手のお店です。

剣道具職人のいる店 剣道防具工房「源」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL