対峙して剣先の低い相手を上手く攻めて一本取る練習が大事です。

私は剣道五段で学生時代から続けて現在も稽古しています。

 

剣道をしていて、練習や試合で剣先の低い相手に出会った時、

正直とても怖い時があります。

現に試合でも負けたことがあります。

 

攻撃もどう切り出していくのかわからない。

迷ったり、翻弄されることが多々あります。

意外に隙が見当たらなくて、迂闊にこちらがガンガン攻めるとかえって一本取られてしまう。

よく剣道場で指導してくれる師範にも指導されます。

 

先日も「剣先の低い相手はこうやってうまく攻め込んで一本取る練習が大事だぞ。」

とアドバイスされました。

師範や兄弟子達に教わって取り組んでいる練習を紹介したいと思います。

二つあります。

 

一つは、竹刀を払い、その隙を付いて真っ直ぐ素早い力強い突きを放つことです。

剣先の低い相手は、わざと低くしこちらが面を打ってくるのを誘ってます。

何度もやられたことあります。

理解していても即座に対応できなくなります。

 

それを防ぐために、こちらは竹刀で上から払い落とします。

相手のバランスが、姿勢が崩れます。

そこから左足を素早く引き、体勢を瞬時に整える。

それから最速で力強い突きを相手の喉元に喰らわせてやるのです。

 

ただ、竹刀をしっかり払い落とし崩すことができないと、

逆に小手や胴を狙われて撃たれてしまうディメリットもありますので注意してください。

 

 

もう一つは、低い相手に対しこちら側は片手技で攻めて決めていくことです。

低い剣先の相手に対し、例えばですが相対したとします。

相手の剣先が低い状態を維持してることを確認したら、

身体を左の斜めにさばいて相手の間合いに入ります。

 

その際片手で竹刀を掴みます。

右手を離し、腰の位置に手を当てる。

そして竹刀を片手で振り上げて面を打ってしっかりとらえます。

なかなか瞬間に行うので高度で難しい部分もあります。

ですが、片手の面は相手にとって奇襲技にもなります。

威嚇でき、相手も即座に防御に動けなくて反応が簡単にできないからです。

意表を突く片手技は戦法として有効です。

 

一本決まれば理想ですが、決まらなくても相手には他にこんな攻撃ができると恐怖と、

選択肢を与えられて、どんな防御しなければならないのかと考えさせます。

そうして攻めていくと隙も何処かで生じるので他の技も決まる可能性が高くなります。

 

でも、私は、片手技を出すからには完全に確実に一本を決めたいと思っていますので

気合としっかりポイントに打ち込めるように最速も心掛けています。

 

後、片手技は打突するときは刃筋を意識して正しく立てることです。

これが出来ないと自分で決まったと思っていても審判には無効とみなされます。

勿体ないです。

 

以上の二点を頭に入れて低い相手を攻略するため練習しています。

これを取り入れたら少しは低い相手の苦手意識が無くなりました。

後は集中し相手をよく見て判断していくことも大事かと思っています。



剣道具職人のいる店 剣道防具工房「源」

京都西陣の剣道防具工房である「源」は、

一流の剣道職人有段者の店長が厳選しつくした600種類以上

剣道具、剣道用品をそろえた業界大手のお店です。

剣道具職人のいる店 剣道防具工房「源」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL