実戦で出ばな技をしっかり放つために

私は剣道を続けている四段ですが、なかなか未だに難しい技があります。

それは出ばな技です。

相手が打ちに出ようとしたところそこに乗る。

攻めて相手が打ってきた隙をしっかりねらって打つ。

 

これが自分自身が放ったり、相手からくらって経験していますが、

自分が繰り出すことはなかなか簡単にできません。

 

でも、考え方によっては色々体の動作に注意していけば

出ばなを決める確率が高くなると思います。

そのための稽古を惜しんでは上達しませんし、試合で良い結果も残せません。

 

出ばなを打つためには、まず集中力が重要になります。

気持ちを負けないぞと高め、鼓舞し、相手のどんな隙も見逃さずに

些細な動作も捕らえるように相手をよく見ます。

特に互いに気合を掛けて発声するときや、

打突をしていき自分が攻めていった時がチャンスだと思ってます。

 

相手を攻めるぞと気合を入れたら、相手が体のどの部分が硬くなっているか瞬時に見極め、

攻めていって、相手の心のはやる気持ちや勝利へ勝ち急ごうとする相手は

小手先の技や、早期決着を求めるために防御もおろそかになりやすくなってます。

大体、息の乱れや体の体制が崩れます。少しでも。

このバランスの崩れの時に瞬時に対応できるようにします。

 

頭で考えながらやっていたのでは、一本は取れないし逆に相手に取られるリスクもあります。

体中の細胞が反応するくらいの気持ちで挑んでいます。

相手との相打ちを覚悟するメンタルを持ち技を喰らってもいいやと思い勝負します。

 

打突の際には、体の内側から打つ、動くようにします。

足は素早く打つために、私は特に太腿の裏の筋肉を意識します。

裏の筋肉と腹の丹田や中丹田、腕も同時にリンクさせ打ちます。

 

よく剣道倶楽部の師範から、

「稲妻というか、カメラのフラッシュの光をイメージし、

シャッターを切った際の光が出たスピードの感覚で打つように。」

と言われるのでこのことを頭に入れ素振りや打つ練習をします。

 

動くときに太腿の裏の筋肉から動き、丹田。次に中丹田。

最後に腕の順番で移行を瞬時にさせて打てば出ばな技が決まりやすいです。

とにかく動きながら動かして打つことを心がけます。

 

私はこの練習をして、最初は正直なかなか上手くできませんでしたし、

自分でも何やってるんだろうと疑問に思いました。

ですが、体の内面からの色んな個所を意識し、少しでも意識し使えるようにと

打突の練習やかかり稽古、試合をしていったら、

お腹の丹田に力が伝達するようになり、

竹刀の素振りの際は、丹田に力が入り張りのある打ち。

年も取りましたが、若い10代や20代の時より素早く出ばなが決められるようになってきました。

 

今までは若さや体の力とスピードのみでできてやってきましたが、

それを考え直した結果、相手より初動さが遅かったとしても負けなくなりました。

 

後は繰り返し練習と実戦で練っていくしかないのですが、

体の意識して素早い打ちができるようになれば、

出ばな技だけでなく他の技にも繋がりますし防御も対応しやすくなります。

試合でも簡単に敗れることも少なくなってくるかと思います。

 

この作業や練習は、剣道をずっと続けていくには大事だと思います。

出ばな技が綺麗に決められるように以上の事を取り組んで稽古すれば

自ずと結果はでてくるはずです。



剣道具職人のいる店 剣道防具工房「源」

京都西陣の剣道防具工房である「源」は、

一流の剣道職人有段者の店長が厳選しつくした600種類以上

剣道具、剣道用品をそろえた業界大手のお店です。

剣道具職人のいる店 剣道防具工房「源」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL