学生のうちは技術力向上よりも声出しに熱心になるべき

学生時代に剣道に対して一心不乱に取り組んでいるのであれば、

才能や努力の度合いによっては全国大会などに出場することが可能になることがあります。

そのため、技術力を高めようと毎日の部活の練習に対して一生懸命になる生徒は少なくありませんが、

学生の間は実力を高めること以上に大切なことがあるのです。

 

それは、声出しについてです。

剣道の試合中や練習中には、必ずと言っていいほど大きすぎる声を出さなければならないです。

しかしながら、少しばかりコツを掴んでしまえば声出しを大変なことであるとは思いにくくなります。

そのため、早々にコツを掴んだ生徒は再び一心不乱に

技術力を高めるための訓練を積むようになることは想像に難くありません。

 

しかしながら、コツを掴んで身に付けた声出しの技術というものは、

実際の社会生活においてはあまり通用しないということが大いに考えられます。

 

たとえ大きな声を出すことが実際問題として確認することができていたとしても、

それは剣道の世界でのみ通用することに他なりません。

 

泥臭く声がかすれるほど声を出している剣道選手は、

実際の社会でも身に付けた発声スキルを最大限に活用することができると言えます。

その詳細につきましては、喉が枯れるほどの大声を出しているという点に着目する必要があります。

 

まず第一に、声が枯れるという事象については

何かしらの意味のある言葉を叫ばなければ再現することが非常に難しいことを理解します。

したがって、剣道の練習中に小手先のテクニックに頼ることなく

その場ごとに全力で声を出すように努めているのであれば、

働き出すようになってから遠くまで聞こえやすい大声を出すことが容易になるというわけです。

 

学生時代には可能な限り高みを目指してみたいという気持ちは誰の心にも宿っていることではあるものの、

賢い剣道選手は未来のことについても考えを巡らせていることが多くあります。

その結論として声出しに熱心であるべきであることを突き止めたのであれば、

技術力よりも優先的に特訓を重ねるようになります。

 

その結果として、剣道選手時代に身に付けた発声スキルが社会で役に立つことを実感し、

老後には悠々自適な生活を送ることができる可能性も高まるようになります。

さらには、学生時代の剣道の練習が懐かしくなった時点で社会人が所属するサークルで練習を再開したり、

はたまた地域の子どもたちのために剣道を教える立場になることも容易になると考えられます。



剣道具職人のいる店 剣道防具工房「源」

京都西陣の剣道防具工房である「源」は、

一流の剣道職人有段者の店長が厳選しつくした600種類以上

剣道具、剣道用品をそろえた業界大手のお店です。

剣道具職人のいる店 剣道防具工房「源」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL