剣道の小手打ちを上手く決めていくポイント

私は剣道四段でずっと稽古をしています。

私は、面等の技の中で一番小手が好きで得意です。

相手と最も近い距離から狙いやすく隙を見て決めやすいからです。

 

と言いますが、確実に勝利するための小手は非常に難しいです。

安易に出せば逆に他の技を喰らいますし、姿勢も崩れやすくなる場合もあります。

竹刀も表から裏に動かす作業もあるので

近距離の小手は確実に上手く決めないと有効打突にならないのです。

 

そこで小手打ちを上手く決めるためのポイントをいくつか紹介したいと思います。

まずは、気持ちを充実させ負けない気迫を持ち打つことです。

これがしっかり自分の中にみなぎっていないとどんな技も決定打になりません。

気持ちで負けずに攻めていく気構え気持ちのモチベーションを維持することが第一です。

 

次は、手首を柔らかく使うことです。

硬くせずにしなやかに打つイメージで小手打ちをする。

特に左手の手首は軸になるのでとにかく力まずに緩めていく。

硬くならずに打つには竹刀を持った左の親指を相手の胸に突くというか入れ込んでいく感覚でやります。

すると打突に冴えがでます。

 

そして、小手打ちを仕掛ける際の踏み込み足も重要です。

大きく踏み込み過ぎますと深く当たってしまいます。

それに肘を延ばさないで打つケースになる為に

決まったとしても有効打突と審判にはみなされません。

私も良く失敗し凹みました。

 

踏み込む位置、距離を相手の対格差も考えアジャストできるように考え、

その中で踏み込みは少し小さくする。

ただし、勢いは殺さずに思いっきりつけて放ちます。

 

更に小手打ちは竹刀で打つ打突部分にも気を使わなくてはなりません。

ただ当てればいいという訳ではなく考えて撃たねばいけません。

 

良く剣道の師範から教わりますが、相手の右手首をしっかり狙って打つように指導されます。

右手首を狙って打つことで相手の正中線から離れなくなるのです。

正中線を切っている触れていることで有効にもなる。

ならなくても容易に相手に攻撃を指せずプレッシャーも与えられます。

何より右手首を狙えば結構綺麗な小手打ちができます。

肘も曲がらずいい打ちができます。

 

最後に、実戦での小手打ちは2パターンの使い分けを状況に応じて行います。

相手の剣先が高ければ下からの小手打ちが有利になります。

逆の場合は上からです。

これはどんな相手でも試合の流れでも必要です。

マンネリ化した攻めにならずに使い分けが勝利のカギを握ります。

 

私は以上の事を取り組んだら、小手打ちで一本獲れた成功率が7割にあがりました。

どうしてもスナップ効かせ力任せに打ちがちですが、

バランスも崩れ相手に隙を結構与えるので第三者の目や冷静になっていけば防げると思います。

 

小手打ちが上手になれば、他の技の移行。

防御も瞬時にできるようになるので

以上のポイントを少しでも意識していけば変わると思います。

貴方の剣道。小手打ちが。



剣道具職人のいる店 剣道防具工房「源」

京都西陣の剣道防具工房である「源」は、

一流の剣道職人有段者の店長が厳選しつくした600種類以上

剣道具、剣道用品をそろえた業界大手のお店です。

剣道具職人のいる店 剣道防具工房「源」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL