剣道で手元の硬い手強い相手には

私は剣道の五段で現在も社会人として稽古しています。

 

剣道の日々の稽古や大会の試合等で毎回思うのですが、

手元の硬い相手と手合わせするのが苦手です。

学生時代から苦戦しました。

 

自信ををもって強気でガンガンと攻めてもブレない。

力技、力任せでは決して攻略はできない。

直ぐに攻撃や防御に対処して目の前には硬い鉄壁の壁のような感覚。

緩急付けてもなかなか攻め切れなかったり上手くいかないことが今までありました。

決めてのないまま負けてしまった事も多々あります。

 

そんな手元が手堅い相手と戦いやはり一本獲って勝利したいのが本音です。

私が師匠や兄弟子達から教わって一本取っていく方法を

簡単ながらご説明させていただきたいと思います。

 

私は手元の硬い相手には二つの方法を駆使して一本取ります。

まずは、中心をしっかりと攻めて剣先を外し、

隙を見て瞬時に技を叩きこむことを心がけています。

 

例えば、遠い間合いで構えて互いの竹刀の先が触れ合う距離で対峙すると仮定します。

手元の硬い相手は、何かと剣先を動かそうとすると直ぐに戻そうとする傾向があります。

感じ取る力や機敏さが厄介なのです。

剣先から相手の出方を感じる力が鋭敏になっています。

そこで、竹刀で相手の中心をゆっくり少しずつじわじわとこちらで制していきます。

そこから攻撃します。

相手は当然自分も有利に立ちたいので必死に中心を取り返そうと剣先を戻そうとしてきます。

中心を取っていけば一本に確実に近づくので。その隙を、その瞬間に竹刀を振り上げます。

そうすると相手の剣先は中心から外れています。

そこで相手を見て、フリーになった部分をよく見て、面や小手、胴等の技を決められます。

 

もう一つは、竹刀を上手く張って使っていき、突破口を見出す事です。

例として一足一刀の間合いの距離感になったとしましょう。

この構え合った時に、竹刀を張ります。

私は張るという行為が、その真の意味が社会人になって稽古しててもよく理解していませんでした。

 

師範や兄弟子達から「腕のみや力任せは駄目だよ。」とよく指摘を受けてました…。

張るとは手の内を軽く使って打つこと。

フラットに軽く相手の竹刀を打ちます。

相手は嫌がり必然的に剣先を戻そうと試みます。

その時を見逃さずにこちらは竹刀を振り上げて誘う。

当然相手の剣先は中心を外れ上に上がっている。

小手がフリーで浮いてますのでそこを最速で力強く打ちます。

面白い様に一本を決めることができます。

 

私はこの二点を心掛けて日々の稽古、練習をしていったら

手元の硬い相手でも恐れずに向かっていき勝てるようになりました。

7割くらい勝率が上がった気がします。

 

後は繰り返すのみです。

これが体で覚えていけば攻撃も防御も対応できるし成長できます。



剣道具職人のいる店 剣道防具工房「源」

京都西陣の剣道防具工房である「源」は、

一流の剣道職人有段者の店長が厳選しつくした600種類以上

剣道具、剣道用品をそろえた業界大手のお店です。

剣道具職人のいる店 剣道防具工房「源」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL