剣道がオリンピックに無い理由

剣道と言えば、礼に始まり礼に終わると言われる程、礼というものに対して厳しい武道です。

例えば、いくら完璧な『面』が決まっても、声が出ていなければ一本にはならないですし、

面を打った後、『残心』という「私は一本決めましたよ」と相手に振り返り、

竹刀を向けて、戦う意志を見せなければ

上がった旗はすぐに下げられて、一本は無効になってしまうのです。

また、一本入ったからと喜び、ガッツポーズでもしようものなら、反則こそ付きませんが、

一本は取り消しにされてしまいます。

心技体が揃って始めて一本と言われていて、心が残心と掛け声、技がそのままに、体は踏み込みを指します。

 

また、体において『死に体』と言われる左足のかかとが浮いておらず、

地に着いた状態で打たれれば、どれだけ軽い打突でも一本になってしまう状態があります。

これら全てを分かりやすく一本と分かる柔道の様に容易に判断できる人がいるでしょうか?

 

…実はオリンピックの種目にならない理由がこの判定の曖昧さにあります。

上記の事だけでなく、とても年配の方には目に追えない程の竹刀の『振り』が的確に、

かつ力強く当たっているかが判断できません。

フェンシングの様に、当たったらランプが点くのであれば話は別ですが、

生憎剣道の防具にはその様な機能はありません。

だから、小学生の試合でも主審の他に副審が二人も付き、

あらゆる角度から心技体の全てが伴っていたかを判断するのです。

 

というのは、便宜上で、実際は碌に判断出来ずに審判の一人が一本と判断して旗を上げると、

見えていなかった審判が釣られて旗を上げるなんて事は日常茶飯事に行われています。

 

ここまで言えばお分かり頂けると思います。

剣道は審判が難しいのです。

誤審が多く、現役の観戦者が入ったと思う打突を一本としなかったり、その逆も多々あるのです。

これが剣道がオリンピックの種目にならない理由なのです。

 

剣道協会は、柔道の様に、レスリング化してしまうのが嫌だと格好付けていますが、

その実、まともに判定出来る人間がいないというのが正しいのです。

もし、コンマの世界の正しく判定が出来る人間が居るととすれば、

オリンピックに出場する程の強さを持った現役の人間だけです。

それでは、試合になりませんよね。

野球で言えば、投手が自分でストライクかボールか判定するようなものですからね。

 

それでも、剣道にもオリンピックではありませんが団体での世界大会があります。

実は、その大会で日本はアメリカに優勝を譲ってたりするのです。

皆様は、知ってましたか?

オリンピックで大々的に試合が放送されないが故に、剣道は日本が一番強いと思っていませんでしたか?

 

想像できますか?長い間、刀で戦ってきた日本人がアメリカに刀で負ける姿を。

これに関しては、直接オリンピック種目にならない理由とは言えません。

しかし、剣道界ではひそかにそう囁かれています。

 

相撲や柔道などの日本の国技が外国人に先導されていく中で、

剣道だけはイメージを守る主旨があるのかもしれません。

唯の噂ですが、どうでしょう?

日本のあらゆる代表チームが『侍』の名を冠する中で、

真に刀を持つ剣道が世界で一番強いと世界に証明したくはありませんか?

 

この記事を機に剣道に少しでも興味を持って頂ければ幸いです。

もし、己で剣道を行うか、はたまた息子に剣道を習わせて

将来もしかしたら種目になるかもしれないオリンピックに参加させて、

刀では日本が一番だと証明してやると思って頂ければ、万々歳です。

 

次は武道としての剣道と勝つ為の剣道の違いについて書いていきたいと思います。



剣道具職人のいる店 剣道防具工房「源」

京都西陣の剣道防具工房である「源」は、

一流の剣道職人有段者の店長が厳選しつくした600種類以上

剣道具、剣道用品をそろえた業界大手のお店です。

剣道具職人のいる店 剣道防具工房「源」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL