上段から面を打つふりをして胴を狙う奇襲戦法

私は剣道五段で現在も社会人として稽古しています。

学生時代と違い行けない時もありますが、

日々の稽古や大会に可能な限り参加して剣道に触れることを楽しみにしています。

 

若い時は力任せや勢いで攻めたり守ったり、

自分の身体も思うように動きガンガン積極的に攻撃的な剣道ができて、

一本が決まり勝利すると爽快感に溢れていました。

 

しかし、上位の力の強い人と試合して負けたり、なかなか力だけでは勝てなくなってきました。

押しても引いてもなかなか動じないし、鉄壁のように決まらない。

力や技、心もマッチして上手く考えて攻めていかないと一本は取れなくなってきたと、

昇段するたびに今でも実感しています。

 

今は、数をこなす練習も当然してはいますが、

いかに相手の身体を崩し、その隙を見つけて素早く一本を取る戦略、戦術を

師匠や兄弟子達から教わり日々の稽古、試合で実行しています。

 

色々なやり方がありますが、その中で最近自分の中で特に効果的かなと思いますし、

結構決まる技を紹介したいと思います。

 

相手の隙をついて一本を確実に決めるには奇襲技も一つの選択肢だと思います。

毎回使っているとバレますし、効かなくなります。

効果的に奇襲戦法をすれば、相手は迷い嵌りこちらが一本獲れる形になってくれるのです。

その中で上段をこちらが取るとします。

 

互いに構え合い、相手をしっかり見てココだという時に素早く間合いを最速で詰めます。

その際に上段に構えるのです。

相手は上段に構えると、面か小手のどちらかがくると身構えます。

こちらは面を打とうという仕草やそぶりを見せるのです。

すると相手は面を防ごうと手元を上げます。

そうすると自分の胴の警戒心が低下します。

そこで前腕を返して右胴に打ちをします。

シンプルですがこのフェイントは効果的です。

 

また、私が良く行っているのは右胴ばかりでなく、

上記と同じように間合いを詰めて相手が手元を上げた時、

前の腕を速く返して、身体を左斜めの後ろに捌く。

捌きながら相手の左胴を打つ。

どちらかというとこちらの方がより相手を惑わせて一本決められます。

 

奇襲は結構相手の身体のバランスと意識を崩しやすいし、他の部位に集中させます。

これが上手く決まった時は嬉しくて最高です。

 

ただ気を付けなければならないデメリットもあります。

打突がしっかり決まり一本取れればいいですが、

打ちが不十分だったり気を抜いてしまうと相手にカウンターを喰らってしまいます。

打ったことに満足して体もそのまま残りがちです。

そうならない為に打ったら、直ぐに相手との距離を取り、残心を示す。

そうすれば失敗したとしても相手は打ち込んできませんし、打ってきても防ぎやすいです。

 

後は繰り返し体に覚えさせて練習あるのみです。

全くやってないで挑戦してもかえって相手に一本取られてしまいます。

相手もこちらの状態を瞬時に察することができるので。

ここぞという時の奇襲技として上手く利用すればいい結果が付いてくると思います。

必ず。



剣道具職人のいる店 剣道防具工房「源」

京都西陣の剣道防具工房である「源」は、

一流の剣道職人有段者の店長が厳選しつくした600種類以上

剣道具、剣道用品をそろえた業界大手のお店です。

剣道具職人のいる店 剣道防具工房「源」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL